■  格子の家/ 奈良市

江戸時代末から明治時代にかけて、「ならまち」に点在した町家をモデルに建てられた施設です。
ウナギの寝床とも表現される、間口が狭く奥行きの長いところが特徴です。
二階への階段は、狭い空間を有効に使おうと「箱階段」として収納スペースを確保するなど工夫されています。
また、外から中が見えにくい格子や、通風や採光の役割を果たす中庭・土間の明かりとりなどの機能性を学ぶ事が出来ます。

HOME