近撮_2012.2
このページには最近作を月ごとに撮影順に区分なしで掲示し、
掲載後に順次、「風景」「行事・祭」「花ごよみ」「桜」「鹿」などに区分して掲示します。
(取り急ぎにつき、ラージサイズにならないもの、コメントの無いものもありますが順次追加します)
HOMEへ


おんだ祭_畝火山口神社

畝火(うねび)山口神社の御田祭はひょっとこ面の田男、黒衣の牛、天狗面の牛使い、お多福の四人が演じます。畦切りから田植えの所作の間に交わすやりとりには面白いものがあります。山口神社は元は畝傍山の頂上にあったそうです。今も畝傍山の麓にありますが、畝傍とは書かず、畝火と書きます




[おんだ祭1_畝火山口神社]
(2014.2.28)(橿原市)


[おんだ祭2_畝火山口神社]
(2014.2.28)(橿原市)


[おんだ祭3_けんずい_畝火山口神社]
松苗による田植えの途中でお多福さんの差し入れでけんずい(間食の意)をとりますが、この時のやりとりも愉快です。一服の後、田植えを続けますが、その間、神主さんが田植え歌をろうろうと歌われます
(2014.2.28)(橿原市)

==================================================================================================

おんだ祭_菅原天満宮

社殿で祈年祭が執り行われたあと境内でおんだ祭りが行われます。田主は翁面をつけ子供が牛役で狂言風に演じます。所作ごとに田主が「種を蒔き候」などと唱えれば村役など全員で「めでとう候」などと返します。村役さんとの掛け合いも楽しいものです。




[おんだ祭1_菅原天満宮]
子供が演じる牛が暴れ、田主は引っ張られています。
(2012.2.25)(奈良市)


[おんだ祭2_菅原天満宮]
めずらしく肥をやる所作もあり、最後の一滴まで杓に取るなどきめのこまかい見せ場があったりします。突然周りにまき散らす所作で観客は思わずのけぞったりして爆笑場面も。
(2012.2.25)(奈良市)


[おんだ祭3_菅原天満宮]
(2012.2.25)(奈良市)

==================================================================================================

おんだ祭_鏡作神社


[おんだ祭_鏡作神社]
(2012.2.19)(田原本町)

==================================================================================================

おんだ祭_池神社


[おんだ祭_池神社]
(2012.2.19)(田原本町)

==================================================================================================

砂かけ祭り_広瀬大社

奈良盆地の川が集まるこの地は昔から広瀬の と称され、水神を祀る広瀬神社があります。広瀬神社の「おんだ祭」は「砂かけ祭」と言われ、田人役、牛役、参拝者が所作の終わる度に砂をかけ合います。この砂は雨を意味し、かけ合いが盛んなほど豊作が適うとされ、老若男女入り乱れての合戦となります。大和の奇祭のひとつとして有名です。



[砂かけ祭り1_広瀬大社]
(2012.2.11)(河合町)


[砂かけ祭り2_広瀬大社]
(2012.2.11)(河合町)



[砂かけ祭り3_広瀬大社]
(2012.2.11)(河合町)



[砂かけ祭り4_広瀬大社]
(2012.2.11)(河合町)

==================================================================================================


だだおし_長谷寺

長谷寺で 修二会 ( しゅにえ ) の締めくくりに行われる 追儺会 ( ついなえ ) 。法要も終わりに近づいた頃、大きな赤、青、緑の三匹の鬼が堂内に暴れ込んできます。 法螺貝 ( ほらがい ) や太鼓が打ち鳴らされる中、追い出された鬼たちは大きな松明に追われて本堂、 礼堂 ( らいどう ) の周りの舞台や欄干を暴れながら走り回ります。男衆が担ぐ松明は一丈五尺(約4.5m)三十貫(約110kg)という大きなものです。



[だだおし1_長谷寺]
加持祈祷が終わりに近づいたころ本堂に暴れ込み、十一面観音の前で吠える鬼。
(2012.2.14)(桜井市)


[だだおし2_長谷寺]
参拝者らを脅しながら回廊を逃げる鬼、後ろから大きな松明が追いかけます。
(2012.2.14)(桜井市)

==================================================================================================

日数心経・星供秘法_金峯山寺

金峯山寺の節分会では日数心経、星供秘法が執り行われます。



[日数心経・星供秘法_金峯山寺]

日数心経は一年間に相当する般若心経を唱え世の除難招福を願うもの。星供は個人個人の生まれ年の干支などで定まる本命星と本年の当年星を祭る行事。金峯山寺では蔵王堂本堂で護摩を焚き行われます。
この厳粛な雰囲気の中も、6匹の鬼が邪魔するようにうろついたりしています。この後鬼の調伏式で改心させられます。
(2012.2.3)(吉野町)


==================================================================================================

鬼の調伏式_金峯山寺

吉野山の金峯山寺蔵王堂の節分は、日数心経、星供秘法が執り行われ、その後、鬼の調伏式が行われます。修験者や参拝者に豆を浴びせられ、降参、調伏します。蔵王堂の豆まきは全国から「鬼は外」と追い出された鬼を集め、調伏させ改心させます。これは役行者が法力と仏法で鬼を弟子にしたという故事にも基づくものとも言われています。この謂われもあり、ここの豆まきは「福は内、鬼も内」と唱えられ、珍しいものです。(全国的に珍しいとのことですが、調べてみますと、結構方々の社寺でも「鬼も内」はあるようです。)



[鬼踊り_金峯山寺]

赤、緑、黒の鬼6匹が本堂で鬼踊り。
(2012.2.3)(吉野町)



[調伏_金峯山寺]
行者や参拝者から一斉に豆がぶつけられ調伏させられます。

==================================================================================================


[鬼_金峯山寺]
日数心経、星供秘法の法要を行われている間から、堂内を鬼がうろうろと歩き回っています。参拝者の頭や肩に鬼さんが、斧や剣、鉄棒などをあてて無病息災のおまじないをしてまわります。態度もでかく、疲れた〜と寝そべったりも。
(2012.2.3)(吉野町)

==================================================================================================

節分祭_大和神社

大和神社の節分祭の鬼やらいは、赤鬼、青鬼が拝殿で暴れ、天狗(猿田彦神)が撃退します。



[鬼やらい_大和神社]
(2012.2.3)(天理市)

==================================================================================================



HOMEへ