当サイトに掲載の写真、文章について無断で使用しないでください。著作権は作者に帰属します。
また、当サイトの画像、文章について、いわゆるキュレーションシステム等による他への無断投稿も厳禁します。
Copyright (C) 2001 Terufusa Nomoto. All Rights Reserved.

個展名------「ようまいり」
会場---------金峯山寺蔵王堂本地堂
期間---------4/1から5/7
この期間金峯山寺蔵王堂の秘仏 金剛蔵王大権現3体 を特別ご開帳されます。
この期にあわせ、蔵王堂本地堂にて展示させていただくことになりました。
題して「ようまいり」
お山での修験と金峯山寺での法要、吉野山の行事の一部を写真展示させていただきます。
お山で行き交う時、「ようまいり」の挨拶が交わせれます。
桜満開の吉野山へ皆様も「ようまいり」くださいませ。
添付写真は会場入り口と境内に設置した案内看板です。
山中に咲く「オオヤマレンゲ」と高田の篠捨池の「蓮」の花です。


==================================================================================================

大和路写真帳

過年分も合わせてご覧いただければ幸いです。(できるだけダブラないシーンを載せていますので)


節分会_金峯山寺

吉野山の金峯山寺蔵王堂の節分は、日数心経、星供秘法が執り行われ、その後、鬼の調伏式が行われます。修験者や参拝者に豆を浴びせられ、降参、調伏します。蔵王堂の豆まきは全国から「鬼は外」と追い出された鬼を集め、調伏させ改心させます。これは役行者が法力と仏法で鬼を弟子にしたという故事にも基づくものとも言われています。この謂われもあり、ここの豆まきは「福は内、鬼も内」と唱えられ、珍しいものです。(全国的に珍しいとのことですが、調べてみますと、最近では結構方々の社寺でも「鬼も内」はあるようです。)



[星供秘法_節分会_金峯山寺]

(2017.2.3)(吉野町)


[加持祈祷_節分会_金峯山寺]

(2017.2.3)(吉野町)


[鬼の調伏式 1_節分会_金峯山寺]

赤、緑、黒の鬼6匹が本堂で鬼踊り。鬼踊りの終わる頃、行者や参拝者からいっせいに豆がぶつけられます。
(2017.2.3)(吉野町)


[鬼の調伏式 2_節分会金峯山寺]

調伏する鬼たち。
(2017.2.3)(吉野町)


[護摩供_節分会_金峯山寺]

調伏した鬼達は護摩供用の御神火を運び、鬼踊りも行われます。
(2017.2.3)(吉野町)

==================================================================================================

鬼火の祭典_吉野山

節分会の前夜に行われる鬼火の祭典。鬼さんが参道の上と下から「鬼が来たぞう〜」と叫びながら途中で鬼踊りをしたり、子供達を脅かしたりしながら金峯山寺に到着。金峯山寺ではコンサートや太鼓の演奏など盛りだくさんの催しが行われます。



[鬼火の祭典1_吉野山]

(2017.2.2)(吉野町)


[鬼火の祭典 2_吉野山]

真似てる子供らも
(2017.2.2)(吉野町)


[鬼火の祭典 3_吉野山]

(2017.2.2)(吉野町)

==================================================================================================

節分会_信貴山朝護孫子寺

信貴山本堂で行われる星祭大法要のあと、鬼追い式が行われます。赤鬼、青鬼が賽銭箱を乗り越えて本殿へ乱入してきます。暴れる赤鬼、青鬼を毘沙門天が退治し、吉祥天女が福豆を授けるとの逸話にちなんで行われます。この後、追われた鬼は各宿坊にも乱入、そこでも豆の攻撃を受けます。その後村々の家に回ります。



[節分会 1_朝護孫子寺]

賽銭箱を乗り越え本堂へなだれ込む鬼たち。
(2017.2.3)(三郷町)


[節分会 2_朝護孫子寺]

本堂の中では待ち受けた僧侶や参拝者たちから手荒く豆をぶつけられ、堂内は騒然。
(2017.2.3)(三郷町)


[節分会 3_朝護孫子寺]

宿坊にも乱入。ここでも手洗い豆つぶてに。
(2017.2.3)(三郷町)

==================================================================================================

山焼き_若草山

奈良の春を告げる行事として親しまれている山焼き。麓の野上神社で春日大社の神官、興福寺、東大寺の僧侶、金峯山寺の修験者による神事が行われ、点火されます。遠くからもよく見えますが、近くで見るのもまた迫力があります。山麓で行われる行事も見るべきものがあります。起源に諸説ありますが、三社寺の説によれば、山頂にある鶯塚古墳の霊魂を鎮める祭礼とのこと。
花火が打ち上げられた後にトンドの火から消防団が手松明に移し一斉に枯れ草に点火。下から上へ一気に燃え上がっていきます。
(山焼きの神事や麓からの写真は2016年などのをご覧ください)



[山焼き_若草山]

今年は、二月堂下の駐車場からの撮影。若草山は小さめになりますが、二月堂を前景に花火は空いっぱいに広がります。
(2017.1.28)(奈良市)

==================================================================================================

鬼はしり_陀々堂

僧侶達の早口の読経、法螺貝、カタン、カタンと乾いた棒打の響く中、燃えさかる大きな松明を父鬼、母鬼、子鬼がかざし、堂内を走り回ります(実際には重くて走れはしません)。堂内はさながら煙と火の海。国家安泰、五穀豊穣、厄除けなどを祈願する年頭の修正会(しゅしょうえ)の結願行事として行われますが、鬼が厄を払うのもめずらしいものです。室町時代から伝わる伝統行事。
(国指定無形民俗文化財)
なお、本番に先立って昼間に子供による鬼走りも行われます。次代を担う子供たちの模擬演技でしょうか。



[鬼はしり 1_陀々堂]

(2017.1.14)(五條市)


[鬼はしり 2_陀々堂]

(2017.1.14)(五條市)


[鬼はしり 3_陀々堂]

(2017.1.14)(五條市)


[鬼はしり 4_陀々堂]

ご本尊の裏の板を二本の角材でカタタン、カタタンと叩きます。阿弥陀さんの肩たたきとも言われています。
(2017.1.14)(五條市)


[鬼はしり 5_陀々堂]

最後に井戸で鬼さんたちがお祓いをします。
(2017.1.14)(五條市)


[子供の鬼はしり 1_陀々堂]

昼間に行われる子供の鬼はしり。ほぼそっくりに真似ますが、松明に火は点けられません。
(2017.1.14)(五條市)


[子供の鬼はしり 2_陀々堂]

(2017.1.14)(五條市)


[子供の鬼はしり 3_陀々堂]

(2017.1.14)(五條市)


[子供の鬼はしり 4_陀々堂]

(2017.1.14)(五條市)

==================================================================================================

平尾のオンダ

平尾水分神社のおんだ祭りは古式ゆかしく夜の境内で行われます。一連の農作業を演じられます。またその語りは江戸時代頃からの古い言葉で伝えられています。主役は大当と小当と呼ばれる一年交代の神主ですが、早乙女役は少年(今は少女も)が演じ、「ショトメさん」と呼ばれています。机の裏に「延宝四年」(1676)との墨書きがあり、古くから伝わるお祭りです。
ショトメさんは神聖視され、控えの座敷から舞台までの行き来にも地面に降りないように、爺さんたちがだっこしたり、背負ったりして運びます。
ケンズイ(間食)の時に若宮さんと呼ばれる人形が運ばれてきます。
人形にはたくさんのこよりが巻かれており、参拝者は自分の患部の部位のこよりをいただき患部に当てれば直るというまじないとして与えられます。呪医的な役割ではないかと言われています。
(県の無形民俗文化財---平尾のオンダと固有の名前で登録されております)



[平尾のオンダ 1_平尾水分神社]

(2017.1.18)(宇陀市)


[平尾のオンダ 2_平尾水分神社]

(2017.1.18)(宇陀市)


[平尾のオンダ 3_平尾水分神社]

(2017.1.18)(宇陀市)


[平尾のオンダ 4_平尾水分神社]

(2017.1.18)(宇陀市)


[平尾のオンダ 5_平尾水分神社]

(2017.1.18)(宇陀市)


[平尾のオンダ 6_平尾水分神社]

(2017.1.18)(宇陀市)

==================================================================================================

おんだ祭_諸鍬神社

おんだ祭は五穀豊穣を願う予祝行事として行われるもので、大方は農耕の所作や牛さんが出てくることが多いものです。
諸鍬神社でもほぼ同じですが、ここのは神饌のお餅が五色であるのも特徴。
その餅まきも何処も同じで賑わいます。今年は雨上がりでもあったのかビニール袋入りでした。



[おんだ祭 1_諸鍬神社]

(2017.1.9)(葛城市)


[おんだ祭 2_諸鍬神社]

(2017.1.9)(葛城市)


[おんだ祭 3_諸鍬神社]

(2017.1.9)(葛城市)


[おんだ祭 4_諸鍬神社]

最近の餅まき必須アイテムの様です。
(2017.1.9)(葛城市)

==================================================================================================

弓矢祭_東川(うのがわ)

その昔、この地に悪魔が徘徊しだした時、弓の名人・東弥惣(ひがしやそう)は「白山大権現」の神力にすがり、その悪魔を弓矢で退治した。喜ぶ村人に、弥惣は「悪魔は山の主である。今後村に祟りをもたらすかもしれない。毎年正月9日を祭り日とし、悪魔降伏を行え」と告げました。以降1月9日に弥惣の追善とともに、弓打ちの神事を行うようになった。1000年以上も続く伝統行事
3人の射手が東川(うのがわ)の運川(うんせん)寺から谷川を挟んで40mの烏川(からすがわ)神社境内に立てられた的に向かって射ます。
途中で弓が当たります様にとのまじないの所作もあります。
弓打ちの後、烏川神社に設えてあった的場に行き、白装束の村神主が古式にのっとり、桑弓、蓬矢で東西南北天地を射、最後に鬼と書いた的(弓打ちの的の裏)を射ます。そして鬼的と対峙し鬼に引導をわたすような台詞を述べ、やがて的を持ち上げ「千破美(ちわみ)の踊り」を舞います。最後に小刀でとどめの一撃を加えます。
なお今年は、弓手のひとりと、鬼斬りの村神主さんは東弥惣の末裔の方が務められました。



[弓矢祭 1_東川]

(2017.1.9)(川上村)


[弓矢祭 2_東川]

(2017.1.9)(川上村)


[弓矢祭 3_東川]

(2017.1.9)(川上村)


[弓矢祭 4_東川]

弓が当たりますようにとのまじない。
(2017.1.9)(川上村)


[弓矢祭 5_東川]

鬼撃ち、
(2017.1.9)(川上村)

==================================================================================================

とんど_国栖

昨日行われる予定が、強風で本日に延期されました。
昨夜の強風で折角の設えが壊され、こちらの特徴的な芯の竹が折れて無残な形になっていました。
なんとか補修されて実施されましたが、三方への縄は張られない状態でした。
風も強く、途中で雪も舞い大変なとんどになりました。でも恒例のお餅焼きは行われ村の懇親の場にもなっているようでした。
昔は上と下の集落の二つのとんどで競争していたそうでお互い競い合うように大きなとんどになったとのこと。



[とんど 1_国栖]

(2017.1.15)(吉野町)


[とんど 2_国栖]

(2017.1.15)(吉野町)


[とんど 3_国栖]

(2017.1.15)(吉野町)

==================================================================================================

とんど_佐味田

我が町河合町のトンド、すぐ近くの佐味田のトンドです。
ここのトンドは高さでは多分県下隋一だと思います。
松の生木10メートルを芯に立て、三アール分の藁を積み10メートルの青竹100本で囲む様に仕上げてあります。
正月や旧年の縁起物などを燃やしたり、火をいただいて帰り灯明や炊飯に使われるなどは他の地と同じ様な行事。
特段の特徴や神事などはないこともあり、あまり知られてはいないようです。
以前は小正月の前夜の1/14に行われていましたが、最近は成人の日に行われています。
今年は前日からの雨で湿り気味で火勢は少なめでしたが。



[とんど 1_佐味田]

(2017.1.9)(河合町)


[とんど 2_佐味田]

(2017.1.9)(河合町)


[とんど 3_佐味田]

(2017.1.9)(河合町)


[とんど 4_佐味田]

(2017.1.9)(河合町)

==================================================================================================

山の神_山添地区

「山の神」は文字通り山村集落のほとんどで祀られてきました。
奈良の集落でも数えきれないくらいあると推測します。
祀り方も様々で、山の神は醜い女の神さんだと伝えられ、供え物も醜い魚ということで「オコゼ」だったり、また男根をかたどったものであったり、山仕事の道具のミニチュアであったりと様々です。
今回は山添村の勝原、菅生の後出、峯出の三地域のお供えを中心に取材させていただきました。
クラダテ(そう呼ばれるとろが多いと思います)は、半紙の四隅に竹串を刺し、垂をつけ、ウラジロやユズリハを敷き、栗、蜜柑、干し柿、トコロ、などが供えられていました。


勝原


[山の神 1_勝原]

(2017.1.7)(山添村)


[山の神 2_勝原]

カギヒキ。高い木に鉤型に切った枝を引っ掛け、数回引っ張る所作があります、各地で木の種類や形も様々。唄のあるところもあります。
(2017.1.7)(山添村)

菅生峯出


[山の神 1_菅生峯出]

(2017.1.7)(山添村)


[山の神 2_菅生峯出]

綱が掛けられ、男女を表す木の股が結わえられています。
(2017.1.7)(山添村)

菅生後出


[山の神 1_菅生後出]

(2017.1.7)(山添村)


[山の神 2_菅生後出]

(2017.1.7)(山添村)

==================================================================================================

初えびす_南市恵比寿神社

御由緒(神社の掲示より)
南市は鎌倉時代に開かれたとされ、高天市や北市とともに南都の三市と呼ばれ、正月五日に初市が行われていました。その頃から当神社は市場守護神として栄えてきました。祭礼は、正月五日の初市に行われ、俗に「五日えびす」といい、大和の数ある「えびす祭」の中でも最も賑わったと伝えられています。現在も、招福と商売繁盛の神様として知られ一月四日に宵えびす、五日に本えびすを執り行っています。尚、大和伝統には子供の好きな神様との伝承もあります。



[初えびす 1_南市恵比寿神社]

(2017.1.5)(奈良市)


[初えびす 2_南市恵比寿神社]

(2017.1.5)(奈良市)


[初えびす 3_南市恵比寿神社]

(2017.1.5)(奈良市)

==================================================================================================

御弓始祭_大和神社

新春恒例の御弓はじめ祭。拝殿で無病息災、五穀豊穣を祈年された後、小川原流の古式に則り、奈良県弓道連盟の会員、宮司、氏子、地元の中高校生らによる弓打ちが行われます。
弓はじめの最初に鏑矢を打つ蟇目(ひきめ)の儀が行われます。矢の先頭に鏑をつけ、打つとひゅ〜と大きな音を立てて飛びますので、戦場における合図として打たれたとの説などがあるようです。



[御弓始祭 1_大和神社]

宮司さんの弓引き
(2017.1.4)(天理市)


[御弓始祭 2_大和神社]

(2017.1.4)(天理市)


[御弓始祭 3_大和神社]

蟇目の儀を終えた弓手が神主の弓引きを見守る
(2017.1.4)(天理市)

==================================================================================================

修正会_金峯山寺





[修正会 1_金峯山寺]

(2017.1.3)(吉野町)


[修正会 2_金峯山寺]

(2017.1.3)(吉野町)


[修正会 3_金峯山寺]

(2017.1.3)(吉野町)

==================================================================================================

観相窓_大仏殿

元旦と盂蘭盆会の夜に大仏殿の観相窓が開けられ、お堂の外から大仏さんのお顔を拝めます。普段は親しみさえ感じる大仏っつあんですが、暗い中、灯りに照らされ金色に輝くお顔には荘厳さをあらためて感じます。



[観相窓_大仏殿]

(2017.1.1)(奈良市)

==================================================================================================

正月の神饌_高原(たかはら)

高原の十二社神社では、大祭と歳旦祭には「かけ鯛」や「炊き御供」を神饌として供えられます。
恵比寿に関係する神社の他での「かけ鯛」は珍しいと思います。
大晦日の夜半に村神主2人だけにによって支度され献饌されます。
開けて新年を迎えると同時に神事が行われ、その後集落の氏子さんたちは明け方からお参りに来られます。



[正月の神饌_高原(たかはら)]

(2017.1.1)(川上村)

==================================================================================================

繞道祭_大神神社


新年の明けとともに行われる大神神社の繞道祭(にょうどうさい)。「ご神火まつり」とも称され、年初第一番に斎行される神事。ご神火を3本の大松明に移し、氏子の若者がかつぎ、山麓に鎮座する摂末社19社の巡拝をかけ声と太鼓を響かせ走り回ります。一番離れた桧原神社に到着。




[繞道祭_大神神社]

山麓に鎮座する19の摂末社は山辺の道あたりにあり、ここ桧原神社のあたりからは畝傍山、耳成山、二上山方面や町が望め、池に映る松明の流れは厳粛且つ美しいものです。
今年は快晴で西の空にオリオン座も輝いていました。
(2017.1.1)(桜井市)

==================================================================================================

ご神火_西河十二社神社

新年の最初にご神火をきり出し、その火を手松明や提灯などに移して家に持ち帰り、お正月の煮炊きに使うという風習は全国的に他でも見られると思います。
ここ川上村の西河十二社神社(大名持神社)では村神主が年が明けると同時にご神火松明に着火され村人の前に持ち出されます。まずは大滝地区、西河地区の寺社へご神火が運ばれ、そのあと村人の持つ手松明に次々に点火されます。それぞれがおうちに持ち帰りローソクに移し、神棚、仏壇の灯明に点火されます。また雑煮などの煮炊きに使われます。大晦日からの境内の大トンドも名物。



[ご神火 1_西河十二社神社]

(2017.1.1)(川上村)


[ご神火 2_西河十二社神社]

(2017.1.1)(川上村)


[ご神火 3_西河十二社神社]

(2017.1.1)(川上村)


[ご神火 4_西河十二社神社]

(2017.1.1)(川上村)

==================================================================================================
==================================================================================================

行事や祭事の名前、謂われ、所作や道具の名前や意味など、出来るだけ現地取材に基づくようにしていますが、必ずしも一定でない場合もあり、俗称であったり、勝手に名前をつける人がいたり、聞く人により区々であったりもします。長い歴史の中での民俗としてはやむを得ない、むしろそれで自然なのかもとも思いますが。
お気づきのことがあればご指摘いただければ幸いです。


当サイトに掲載の写真、文章について無断で使用しないでください。
著作権は作者に帰属します。また被写体への了解が原則として必要です。
被写体としてご協力いただいた方にはプリントを進呈します。
Copyright (C) 2001 Terufusa Nomoto. All Rights Reserved.
また、当サイトの画像、文章について、いわゆるキュレーションシステム等による他への無断投稿も厳禁します。



過去の1月の写真
出来るだけ過年度分と重ならないシーンを載せていますので、過去のも合わせて御覧いただければ幸いです。
年月区分をクリックしてください

2016.2月 節分会(金峯山寺)(信貴山)・鬼の宿(天河神社)・御湯立神事(三輪恵比寿神社)
おんだ祭(菅原天満宮)(広瀬神社)(小泉神社)(六縣神社)(大和神社)
2015.2月 華鎮祭(阪手八坂神社)・だだおし(長谷寺)・子出来おんだ祭(六県神社)・砂かけ祭(広瀬神社)・江包・大西の御綱・御朝拝式(神之谷金剛寺)・節分会(元興寺)・節分万灯籠(春日大社)・追儺会(興福寺)・お田植祭(手向山八幡宮)・筒粥祭(登弥神社)
2014.2月

だだおし(長谷寺)・大茶盛(西大寺)・砂かけ祭(広瀬神社)・追儺会(興福寺)・節分会(金峯山寺)・鬼火の祭典(金峯山寺)
風景---雪景色(長谷寺)・雪景色(斑鳩の里)・雪景色(法隆寺)
花暦---寒咲き牡丹(長谷寺)・梅(薬師寺)

この他の最近撮影の写真はここからお入りください

2017.1月  
2016.12月 おん祭(春日大社)・かけ鯛の神饌(村屋神社)・お身拭い(薬師寺)・砂もち(西畑佐紀神社)・牛と馬のトンド(今木)
2016.11月 立榊式(春日大社)・夜神楽奉納(春日大社)・廻り明神(大柳生)・ふる祭(国津神社)・秋祭り(墨坂神社)・磯城の舞(大神神社)・布薩の行法(海龍王寺)・八千枚護摩供(金峯山寺)・慈恩会、竪義(薬師寺)・

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

*****

お水取り
東大寺二月堂
特別に許可を得て撮らせていただいておりますが、HPでの発表は原則として一般撮影可の範囲にさせていただきます。個々のお問い合わせへの提供は相談させていただきます。

お水送り
若狭小浜

おん祭
春日大社摂社若宮神社

花会式
薬師寺
特別に許可を得て撮らせていただいておりますが、HPでの発表は原則として一般撮影可の範囲にさせていただきます。個々のお問い合わせへの提供は相談させていただきます。

大峯山

神饌・仏供
  これ以外にも多くの種類の神饌・仏供を取材させていただいております。  

桜・さくら・サクラ


2004年以前のこの他の大和路の写真をごらんいただくにはここをクリックしてお入りください




大和路以外の写真をご覧いただくにはここ または左ページの目録からお入り下さい



スナップショット
大和路の風景や祭などの撮影の合間に出会った、ふとした情景をちょいとスナップした写真です。
不定期にアップします。最近はさぼってます。

過去のはこちらに何点かあります。



.
from Archive
.


1970年ごろ
[紳士と子供・大阪万博]



 
+








万両

(ヤブコウジ科)

花は地味ですが、実はなかなか見事です。千両、百両、十両などとともに日本庭園によく植えられています。
お正月の飾りなどに喜ばれるようです。

(2003.1.8)


(バラ科)

まだツボミですが、今朝めずらしく淡雪が降り、小さな蕾も綿帽子を被っていました。まもなく咲きそうです。

(2000.1.27)


サザンカ

(ツバキ科)

花の少ない時期に静かに咲いています。赤、桃、白花を混ぜて生け垣にしています。漢字で山茶花と書きます。ツバキとの違いは葉にギザギザがあります。

(2003.1.29)


ロウバイ
(素心蝋梅)

ほんとのロウバイは少し長めの花弁で色も浅く、中央部が紫色をしてます。庭木でよく見かけるのはこの素心蝋梅です。

(ロウバイ科)

蝋細工のような花弁が少し厚く、冬枯れの中で陽を受けて輝くばかりです。
昨年植えたまだ幼木ですが咲いてくれました。

(2008.1.15)



最近は手入れをサボってますので、自然は正直なもんで消えたものもいくつかあるようです。
我が家の植物園にもお立ち寄り下さい。




プー

2012.3.27
ひょんなことから我が家の一員になりました(2011.7)
友人が、犬を飼いたいと言うので、それではと里親捜しをされているというARK(アニマルレフュージ関西)というNPOさんを訪ねてみました。そこには常時200頭からの大型犬から子犬や猫がいます。飼い主の事情で預けられた犬、捨てられた犬などでいっぱい。
見ているうちに自分も、里親になってやってもいいかなと思い、それではとマルチーズの2才の子にいったん決めて手続き書類を書いていると、担当の方から、貴方の年齢では2才の犬は預けられません、と。えなんで?なるほど老々介護を懸念されているんです。えらいショックを受けました。この子なら9才ですのでぜひ里親になってやってくださいとお見合い。なんじゃ茶飲み友達にかい。(*^_^*)

今まで50年間は日本犬、柴犬しか知りませんし、テツ君が一昨年に亡くなってからもう飼わないと決めていたんですが、それに柴犬からプードルこりゃ月とスッポンですがね。う〜んでもこちらもシニアになってることだし、これもなにかの縁かもしれんなあ、と、エイヤで即決。

なおこの犬は東北大震災の被災でブリーダーを廃業されて困っていたのをARKさんがレスキューされた雌9才のトイプードルです。こんなことでいささかでもお役に立てることになったのもこれまた縁というものでしょうか。


最近のプー

2016.4.26




このページをストレスなくご覧いただくにはHTMLバージョン4以上(Explorer5以上)のブラウザがお勧めです。
私はMacintoshでブラウザはSafariですが、OSやブラウザやモニタによって意図どおりにならないのには参ります(^_^;)


モニタの調整では上のディティールが10段階(特に両端の2段階の区分)が判別できるぐらいのコントラスト、輝度がお勧めです
(でも最近の機種では自分で設定できないものもありますね)

さらに詳しいカラーチャートはこちら


Home へ

当サイトに掲載の写真、文章について無断で使用しないでください。
著作権は作者に帰属します。また被写体への了解が原則として必要です。
被写体としてご協力いただいた方にはプリントを進呈します。
Copyright (C) 2001 Terufusa Nomoto. All Rights Reserved.
また、当サイトの画像、文章について、いわゆるキュレーションシステム等による他への無断投稿も厳禁します。