御所市
駒形大重神社
登録日:2001.11.18

混 雑 度: ●
紙 有 無: ●



評価について


【再取材】 - 【更新】 初 /協力シート
:個室1、小便器1、手洗い1。
男女共同の汲み取り式便所。 場所は、境内鳥居の右手奥にあります。これと言った WC表示は無くて、本当にあるか不安になりそうな所です。 軒を上がり、スリッパに履き替えての利用です。かなりの高さを上るので、お年寄り、足の不自由な方、かなり大変でしょう。一段、足置きがあれば楽ですけど・・・。 細長いトイレは、一番手前が、手洗い1となっております。その次に小便器は1器。一番奥は、個室1室あります。 個室には、ペーパーの箱がありますが、携帯するほうが良いでしょう。
memo
外見から、トイレはどうなっているの?と不安ですが、中は結構綺麗で、臭気もありません。 雰囲気的に、参拝者用ではなく、昔あった社務所用トイレといった感じです。

戻る 御所市へ ホーム


由緒
かつて駒形神社と大重神社は、別々に祀られていましたが、明治40年に合祀されました。 駒形神社の祭神は、村人には木股と呼ばれていますが定かでない。大重神社の祭神には葛城雅犬養連網田が祀られています。

近鉄御所線御所駅より、奈良交通「櫛羅」下車南へ約20分。