生駒線
菜畑駅
登録日:2014.03.02

清 潔 度: ●●●
混 雑 度: ●
紙 有 無: ●●●
悪 臭 度: ●
総 合 点: ★★★ 評価の見方



【再取材】 − 【更新】 初 /協力シート
菜畑駅のトイレ
取材:アナログ調査人 さん
:個室2、小便器2、手洗い2。
高架化された時に設置されたトイレで、小便器は当時まだ主流だった一斉洗浄式です。
悪臭があまりしないのは結構ですが、やはりこまめな洗浄が出来ない点を考慮してお約束通りの評価ダウンとしています。
ただ、支線の小駅としては和洋両方の大便器を用意しているなど、それなりには乗客の利便性も考えられています。
小便器さえ交換すれば、そう問題のあるトイレでは無くなりますので御一考願えればと思います。

手洗いは手動式です。
memo
手すりの設置があります。

戻る 近鉄TOPへ ホーム


環境が良いのか、それとも・・・
駅付近はそれほど交通量も多くなく、とても閑静な雰囲気です。ただ、駅の東の丘にお墓がまともに見えており、ある意味微妙な光景です。
もちろん、人間はいずれ死ぬのですからお墓を無くせなどとは言いませんが、市街地とまでは言えないこの地域でも住宅と隣り合わせというあたり、 生駒線沿線が比較的昔から住宅地として発展しているのかなと感じさせます。
実はこっそり見えます
生駒方面ホームからバックミラーの上あたりを眺めていると、遠方に近鉄電車が次々と通過するのが見えます。
もちろん、方角的にも奈良線で間違いありませんが、奈良線も生駒の東側で生駒線ほどでは無いにしてもやや南にシフトしているため、 生駒線の高架化と同時にこのアングルで見えるようになりました。
苦労して出来た高架線
すでに何度も触れているように、当駅は高架駅です。
しかし、線路沿いに殆ど空間的余裕が無いのによく高架化出来たもので、実際には高架化工事中に当駅前後をあえて単線化した後、 まず単線分だけ高架線を建設してそちらに切り替え、その後に残りを構築して同時に菜畑〜生駒間も複線化し、完成と同時にほぼ今と同じダイヤになりました。

なし
公共バスなどの乗り継ぎはございません。