南大阪線
二上山駅   F 1 9  
登録日:2016.01.26

清 潔 度: ●●●●
混 雑 度: ●
紙 有 無: ●●●
悪 臭 度: ●
総 合 点: ★★★★
評価の見方


【再取材】 − 【更新】 初 /協力シート
近鉄南大阪線二上山駅のトイレ
取材:アナログ調査人 さん
:個室1、小便器2、手洗い2。
手入れは悪くありませんが、決して少なく無い乗客数を考えると旧来の建物のままというのは収容力以前にサービス面でどうかと思います。
清潔度・総合点の4は精一杯頑張って清掃されている方の苦労を考慮しても正直ギリギリで、これ以上ちょっとでも状態が悪化したら両方3に落ちるレベルです。
阿部野橋方面ホーム側に仮設トイレを置いてお ける空間は十分あるので、収容力はそのままで良いのでユニバーサルトイレ付き新トイレの建設が望まれます。
小便器はセンサー式水流です。
駒ヶ谷とは一転、確実に相当昔からのトイレであると言いきれます。
当駅の構造上は無理ですが、もしホームの陰にあったら確実に内部を覗き込まれてしまうでしょう。
これは汲み取り式時代から内装を変えていないだろうなと容易に想像出来ます。
北側を走る近鉄大阪線の二上駅とはえらい違いです。
memo
手すりの設置があります。

戻る 近鉄TOPへ ホーム


駅名は伊達では無い
駅舎を出ると、南に向かって登り坂・北に向かって下り坂になっています。
曲がりなりにも山の中に駅がある事を、こういう所からも感じさせます。
駅構内も緩やかながら勾配になっており、この付近では山を突っ切っている事も分かります。
ここでも
阿部野橋方面ホームの裏手に保線用側線がありますが、さらに奥には朽ち果てたホームも残っています。
近鉄に限った事ではありませんが、こういう構造なら大体これらは元貨物用設備で廃止後に保線用に転用というパターンですが、 当駅はまさにテンプレート通りです。
ただし、保線用としても使用頻度が低かったために近年、保線用車両5両分程度を残して他の線路は全て撤去されています。
おかげで多くの空き地が出来ていますが、この用地を生かして駅南側からの利用が便利なように、券売機・改札機を備えた簡素な無人駅舎を建設しても良い気がします。
実は意外と近い
当駅の北側約1kmほどのところに近鉄大阪線が走っており、15分程度歩けば二上駅に辿り着けます。
ただし、2度ほど交差点を曲がった上で細い道を歩く事になるので、方向音痴な人にはお勧め出来ません。
ただ、南大阪線〜大阪線の乗り継ぎという意味では大幅なショートカットになるのも事実なので、方向音痴であってもどうしても行くというなら絶対駅員さんに道順を確認しましょう。

近鉄大阪線
接続とは言えませんが、先述のように大阪線二上駅が北約1kmのところにあります。