大阪線
長瀬駅 (1番ホーム)  D08
登録日:1999.11.26

清 潔 度: ●●●
混 雑 度: ●●●
紙 有 無: ●●●
悪 臭 度: ●●●
総 合 点: ★★★
評価の見方

 

【再取材】 2017.05.03 【更新】 3回 /協力シート
再取材:アナログ調査人 さん
近鉄大阪線、長瀬駅、1番ホームのトイレ。
:個室2、小便器3、手洗い2。
前回取材から歳月の無常さを感じざるを得ない状況で、一斉洗浄式の弱点である悪臭を思いっきりまき散らしています。
悪臭度3は清掃員の苦労を考慮したオマケみたいなもので、実質4といったところです。
2番ホームが大改修されただけに、かつての京都線小倉駅ほどではないにしても、格差が露骨に出てしまっています。
入口回りに多少手を入れた形跡はあるので、近年中の改修工事の予定はあるのかもしれませんが、早急な改修工事が望まれます。
:個室3、小便器0、手洗い2。
こちらも案内板が設置されましたので、ようやく女性用の詳細が分かるようになりました。
女性用にだけ洋式が設置されているのですが、何と簡易ユニバーサルトイレ仕様になっています。
入口にも車いすマークが取り付けられています(しかも東大阪市のお墨付き)ので、車いすの人は男性であってもここを使えという事なのでしょうが、どう考えても周りの乗客から白い目で見られてしまう事は避けられません。
早急にキチンとしたユニバーサルトイレを設置するべきですし、その空間は十分あります。
memo
2番ホームにもトイレあり。
ホームが上下独立しホーム毎にトイレ設置してあることは便利です。
手すりは設置されていますが、ステンレス製なので静電気に弱い人は注意しましょう。

戻る 近鉄TOPへ ホーム


めっちゃ広〜い
2016年にホームの拡張工事が行われ、十分な空間が無い中川寄りはそのままになったものの、上本町寄りは以前の倍ほどの幅になりました。
小学生低学年ぐらいの子供ならキャッチボールが出来そうなほどですが、もちろん危険ですからそんな事はしないようにしましょう。
スーパーバリアフリー
以前からアプローチはスロープでしたが、この工事で別に車いす用の緩勾配のスロープが設置され、従来のスロープも勾配が緩和されました。
立体交差化の目が事実上無くなった証と言えますが、かえってバリアフリーに相応しい構造になったとも言えます。
近畿大学の御膝元
今でもアナウンスなどで「近畿大学前」と案内しているのは伊達ではなく、奈良線八戸ノ里駅と共に近畿大学の学生で賑わっています。
テイクアウト系の飲食店も多く、比較的安価なので学生の懐に優しい街とも言えます。
大学までずーっと商店街が続いているのですが、この通りを別名”親不孝通り”と呼びます。
学校にたどり着くまでに、誘惑にまけて遊んでしまうからでしょうね。
近年はつんく♂さんの衝撃的な告白や近大マグロで再び注目を浴びており、人気も上昇しているようです。
ある意味謎
駅前の踏切はずっと「開かずの踏切」の座を死守(?)していますが、無謀横断を少しでも防ぐ意味もあって昭和の頃から地下道が設置されています。
時期的に、近鉄が地下道と一体化した地下駅舎化していてもおかしくありませんでしたが、何故かそうせずに現在に至っています。
もちろん、現在の色々と煩くなったバリアフリー法を考えれば大正解だったわけですが、不思議な感じもします。

なし